身近複数という始めたフリーマーケットへの参加。暑い時期寒い時期は力作仕組にいそしみ、有難い時世にかけて参加している。最初は、勿論フリーマーケットなので、住宅における不器機などを売っていたんだけれど、それ程不器機がバンバンある訳ではないから戯言が下を突き、知り合いを見ていたらどうしても自家製力作を並べるのを見かけたので「あ、そんな手があったか」という、作っては他人に挙げるか自分で使っていた自家製小物(編み物やエコクラフトのかごなど)を出してみる事態にした。編むのに時間がかからないコースターとか、ちっちゃなエコクラフトのかごなどを作って出してみたら、小学校ぐらいが100円玉を持って買いに来てくれた。フリーマーケットで1000円以外やる様なものは売れないだろうと思ってつまらない雑貨を作ったのが良かった系統。それに味覚を終わり、最近は入り用が終わったらせっせと編み物をしたり、目論見を練ったりやる。考えるだけでもおかしいデイリー。入り用に行く時も自家用車に編み物合体を乗せ、途中で車を止めて編み物の続きをしてから仕事やる。ミッドナイトだと眠たくなってどこまでやったか分からなく繋がる時もあるので、朝方活もやってる。意識も冴えるし、いい事だらけ。本当は嗜好が入り用になれば至高いいのになとおもう。